1

問題
次の文章を読んで、後問いに対する答えとして最もよいものを、 1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

1.AとBのどちらの記事にも触れられている内容はどれか。


爱购彩公園で遊んでいた三歳の子どもがいなくなったのは、母親が目を離した隙の出来事であった。状況から警察が誘拐事件として捜査を始めたところ、公園の防犯カメラの記録から、近くに住むAさんが誘拐された子どもと一緒にいたことがわかった。そこで警察はAさんが犯人だと決めてかかり、取り調べを始めた。

「一人で遊んでいる子どもを見掛けて心配になり声をかけたが、母親はトイレにいると言ったので、そのまま通りすぎた。」とAさんは説明した。しかし、公園付近では以前から不審者が目撃され、警察も焦っていたのだろうか、Aさんが犯人であるかのような取り調べを続け、Aさんを追い詰めていった。

爱购彩結局、Aさんとは別の真犯人が見つかり、事件は解決したが、警察の捜査には大きな疑問が残る。繰り返されるずさんな捜査。過去の教訓はいつになったら生かされるのであろうか。

(新朝日報)

「普通の生活に戻りたいです。」誘拐事件で取り調べを受けたAさんが、警察署をあとにする際に言った言葉である。

親切心から子どもに声をかけたにもかかわらず、突然降りかかってきた「誘拐犯」としての扱い。警察は明確な証拠もないまま捜査を拡大し、近所の人からAさんの職場の同僚にまで聞き込みをした。そしてマスコミがそれを大きく取り上げたことにより、Aさんが犯人として疑われていることは多くの人に知られ、Aさんの家族まで白い目で見られるようになつた。Aさん一家はどんな気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。

事件当日のAさんの行動から、日常の様子までが連日報道された。よく行く店から飼っているペットの種類まで報道され、やりすぎとの声もあった。

このような報道もまた問題ではなかろうか。

(経済法律新聞)

 

  • 爱购彩1 、1、Aさんの周囲の反応

  • 2 、2、マスコミの対応

  • 爱购彩3 、3、誘拐事件の具体的な内容

  • 4 、4、警察の捜査

2

問題
次の文章を読んで、後問いに対する答えとして最もよいものを、 1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

2.この事件での警察の対応について、Aの筆者とBの筆者はどのような立場をとっているか。


爱购彩公園で遊んでいた三歳の子どもがいなくなったのは、母親が目を離した隙の出来事であった。状況から警察が誘拐事件として捜査を始めたところ、公園の防犯カメラの記録から、近くに住むAさんが誘拐された子どもと一緒にいたことがわかった。そこで警察はAさんが犯人だと決めてかかり、取り調べを始めた。

爱购彩「一人で遊んでいる子どもを見掛けて心配になり声をかけたが、母親はトイレにいると言ったので、そのまま通りすぎた。」とAさんは説明した。しかし、公園付近では以前から不審者が目撃され、警察も焦っていたのだろうか、Aさんが犯人であるかのような取り調べを続け、Aさんを追い詰めていった。

爱购彩結局、Aさんとは別の真犯人が見つかり、事件は解決したが、警察の捜査には大きな疑問が残る。繰り返されるずさんな捜査。過去の教訓はいつになったら生かされるのであろうか。

(新朝日報)

「普通の生活に戻りたいです。」誘拐事件で取り調べを受けたAさんが、警察署をあとにする際に言った言葉である。

親切心から子どもに声をかけたにもかかわらず、突然降りかかってきた「誘拐犯」としての扱い。警察は明確な証拠もないまま捜査を拡大し、近所の人からAさんの職場の同僚にまで聞き込みをした。そしてマスコミがそれを大きく取り上げたことにより、Aさんが犯人として疑われていることは多くの人に知られ、Aさんの家族まで白い目で見られるようになつた。Aさん一家はどんな気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。

爱购彩事件当日のAさんの行動から、日常の様子までが連日報道された。よく行く店から飼っているペットの種類まで報道され、やりすぎとの声もあった。

このような報道もまた問題ではなかろうか。

(経済法律新聞)

  • 1 、1、AもBも、批判的である。

  • 爱购彩2 、2、AもBも、明確にしていない。

  • 3 、3、Aは批判的であるが、Bは明確にしていない。

  • 4 、4、Aは明確にしていないが、Bは批判的である。

3

問題
爱购彩次の文章を読んで、後問いに対する答えとして最もよいものを、 1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

3.報道に問題があったと考える理由は何か。


爱购彩公園で遊んでいた三歳の子どもがいなくなったのは、母親が目を離した隙の出来事であった。状況から警察が誘拐事件として捜査を始めたところ、公園の防犯カメラの記録から、近くに住むAさんが誘拐された子どもと一緒にいたことがわかった。そこで警察はAさんが犯人だと決めてかかり、取り調べを始めた。

爱购彩「一人で遊んでいる子どもを見掛けて心配になり声をかけたが、母親はトイレにいると言ったので、そのまま通りすぎた。」とAさんは説明した。しかし、公園付近では以前から不審者が目撃され、警察も焦っていたのだろうか、Aさんが犯人であるかのような取り調べを続け、Aさんを追い詰めていった。

爱购彩結局、Aさんとは別の真犯人が見つかり、事件は解決したが、警察の捜査には大きな疑問が残る。繰り返されるずさんな捜査。過去の教訓はいつになったら生かされるのであろうか。

(新朝日報)

「普通の生活に戻りたいです。」誘拐事件で取り調べを受けたAさんが、警察署をあとにする際に言った言葉である。

爱购彩親切心から子どもに声をかけたにもかかわらず、突然降りかかってきた「誘拐犯」としての扱い。警察は明確な証拠もないまま捜査を拡大し、近所の人からAさんの職場の同僚にまで聞き込みをした。そしてマスコミがそれを大きく取り上げたことにより、Aさんが犯人として疑われていることは多くの人に知られ、Aさんの家族まで白い目で見られるようになつた。Aさん一家はどんな気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。

爱购彩事件当日のAさんの行動から、日常の様子までが連日報道された。よく行く店から飼っているペットの種類まで報道され、やりすぎとの声もあった。

爱购彩このような報道もまた問題ではなかろうか。

(経済法律新聞)

  • 1 、1、報道機関が勝手に調査したから。

  • 爱购彩2 、2、個人情報を調べるのが早かったから。

  • 3 、3、過剰に報道していたから。

  • 4 、4、警察の情報に頼ったから。

:
:
共有题: 3 已做 0 (正确 0 错误 0
  • 1
  • 2
  • 3
我要交卷 退出练习