1

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

1.


同調とは、ある人が他のある人の考えや意見に従うことである。二人以上の人が集まれば、【 1 】、考えを調整する作業が必要になる。逆に、その調整作業に従わないことが逸脱であり自立である。大勢の意見の一致があり、それに行動や考えをあわせることが【2―a】であり、それと逆のことを言ったりしたりすることが【2―b】、それとは無関係に考え行動することが【2―c】といえばよい。 同調がないと、人の集まりは用をなさなくなる。【 3 】が、ただ集まって何かを見物するだけのことであればよいが、何かをいっしょにしようということになれば、必ず考えを一つにまとめなければならなくなる。それがないと、互いが好き勝手に考え行動すれば、集まった意味がなくなる。三人寄れば文殊の知恵でも、三人の文殊様がそれぞれ好き勝手を言うだけでは【 4 】。その意見の集約、さらに、一つの意見に収束してはじめて協力関係ができ、目標を達するための仕掛けができることになる。それがなければ、たとえ文殊より偉い釈迦が百人集まっても、【 5 】。そうであるから、必ず同調の過程が生じる。必然といってよい。同調行動がなければ、人が集まり、集団を作る意味がない。集団を作ることが同調を前提にしている。 (田尾雅夫『会社人間はどこへ行く』による)

  • 1 、たとえばの話だが

  • 2 、もしかすると

  • 3 、言わなければならないが

  • 4 、必ずといってもよいほど

2

問題7
爱购彩次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

2.


同調とは、ある人が他のある人の考えや意見に従うことである。二人以上の人が集まれば、【 1 】、考えを調整する作業が必要になる。逆に、その調整作業に従わないことが逸脱であり自立である。大勢の意見の一致があり、それに行動や考えをあわせることが【2―a】であり、それと逆のことを言ったりしたりすることが【2―b】、それとは無関係に考え行動することが【2―c】といえばよい。 同調がないと、人の集まりは用をなさなくなる。【 3 】が、ただ集まって何かを見物するだけのことであればよいが、何かをいっしょにしようということになれば、必ず考えを一つにまとめなければならなくなる。それがないと、互いが好き勝手に考え行動すれば、集まった意味がなくなる。三人寄れば文殊の知恵でも、三人の文殊様がそれぞれ好き勝手を言うだけでは【 4 】。その意見の集約、さらに、一つの意見に収束してはじめて協力関係ができ、目標を達するための仕掛けができることになる。それがなければ、たとえ文殊より偉い釈迦が百人集まっても、【 5 】。そうであるから、必ず同調の過程が生じる。必然といってよい。同調行動がなければ、人が集まり、集団を作る意味がない。集団を作ることが同調を前提にしている。 (田尾雅夫『会社人間はどこへ行く』による)

  • 爱购彩1 、a―同調/b―自立/c―逸脱

  • 2 、a―同調/b―逸脱/c―自立

  • 3 、a―逸脱/b―同調/c―自立

  • 爱购彩4 、a―自立/b―逸脱/c―同調

3

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

3.


同調とは、ある人が他のある人の考えや意見に従うことである。二人以上の人が集まれば、【 1 】、考えを調整する作業が必要になる。逆に、その調整作業に従わないことが逸脱であり自立である。大勢の意見の一致があり、それに行動や考えをあわせることが【2―a】であり、それと逆のことを言ったりしたりすることが【2―b】、それとは無関係に考え行動することが【2―c】といえばよい。 同調がないと、人の集まりは用をなさなくなる。【 3 】が、ただ集まって何かを見物するだけのことであればよいが、何かをいっしょにしようということになれば、必ず考えを一つにまとめなければならなくなる。それがないと、互いが好き勝手に考え行動すれば、集まった意味がなくなる。三人寄れば文殊の知恵でも、三人の文殊様がそれぞれ好き勝手を言うだけでは【 4 】。その意見の集約、さらに、一つの意見に収束してはじめて協力関係ができ、目標を達するための仕掛けができることになる。それがなければ、たとえ文殊より偉い釈迦が百人集まっても、【 5 】。そうであるから、必ず同調の過程が生じる。必然といってよい。同調行動がなければ、人が集まり、集団を作る意味がない。集団を作ることが同調を前提にしている。 (田尾雅夫『会社人間はどこへ行く』による)

  • 1 、言わないまでも

  • 2 、言わなければならない

  • 3 、言うまでもない

  • 4 、言ってはならない

4

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

4.


爱购彩同調とは、ある人が他のある人の考えや意見に従うことである。二人以上の人が集まれば、【 1 】、考えを調整する作業が必要になる。逆に、その調整作業に従わないことが逸脱であり自立である。大勢の意見の一致があり、それに行動や考えをあわせることが【2―a】であり、それと逆のことを言ったりしたりすることが【2―b】、それとは無関係に考え行動することが【2―c】といえばよい。 同調がないと、人の集まりは用をなさなくなる。【 3 】が、ただ集まって何かを見物するだけのことであればよいが、何かをいっしょにしようということになれば、必ず考えを一つにまとめなければならなくなる。それがないと、互いが好き勝手に考え行動すれば、集まった意味がなくなる。三人寄れば文殊の知恵でも、三人の文殊様がそれぞれ好き勝手を言うだけでは【 4 】。その意見の集約、さらに、一つの意見に収束してはじめて協力関係ができ、目標を達するための仕掛けができることになる。それがなければ、たとえ文殊より偉い釈迦が百人集まっても、【 5 】。そうであるから、必ず同調の過程が生じる。必然といってよい。同調行動がなければ、人が集まり、集団を作る意味がない。集団を作ることが同調を前提にしている。 (田尾雅夫『会社人間はどこへ行く』による)

  • 1 、何もできない

  • 爱购彩2 、できないこともない

  • 3 、できないものもない

  • 4 、できなくはない

5

問題7
次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(1)から(5)の中に入れる最もよいものを、1.2.3.4から一つ選びなさい。

 

5.


爱购彩同調とは、ある人が他のある人の考えや意見に従うことである。二人以上の人が集まれば、【 1 】、考えを調整する作業が必要になる。逆に、その調整作業に従わないことが逸脱であり自立である。大勢の意見の一致があり、それに行動や考えをあわせることが【2―a】であり、それと逆のことを言ったりしたりすることが【2―b】、それとは無関係に考え行動することが【2―c】といえばよい。 同調がないと、人の集まりは用をなさなくなる。【 3 】が、ただ集まって何かを見物するだけのことであればよいが、何かをいっしょにしようということになれば、必ず考えを一つにまとめなければならなくなる。それがないと、互いが好き勝手に考え行動すれば、集まった意味がなくなる。三人寄れば文殊の知恵でも、三人の文殊様がそれぞれ好き勝手を言うだけでは【 4 】。その意見の集約、さらに、一つの意見に収束してはじめて協力関係ができ、目標を達するための仕掛けができることになる。それがなければ、たとえ文殊より偉い釈迦が百人集まっても、【 5 】。そうであるから、必ず同調の過程が生じる。必然といってよい。同調行動がなければ、人が集まり、集団を作る意味がない。集団を作ることが同調を前提にしている。 (田尾雅夫『会社人間はどこへ行く』による)

  • 爱购彩1 、ただ烏合の衆ではないだろう

  • 爱购彩2 、烏合の衆でもなんでもない

  • 3 、ただ烏合の衆でしかない

  • 爱购彩4 、烏合の衆であろうか

:
:
共有题: 5 已做 0 (正确 0 错误 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
我要交卷 退出练习